MENU

  1. Home
  2. 事例集
  3. 年代
  4. 2004
  5. LVMH大阪

事例集

LVMH大阪

prev

next

 通常、建築は様々な二項対立の複合としてデザインされる。たとえば壁対窓、透明対不透明、商業な華やかなファサード対オフィスの堅甲なファサード。しかし、この計画では二項対立を解消し、その代わりに連続的なスペクトルとして建築という問題を解こうと考えた。そのために微妙に異なる3種類の「光を透かす石」を用意した。3層以上のオフィス部分は基本的に「光を透かす石」3種類を用いてラッピングされている。それによってブティックとオフィスという異質なものが連続的なラッピングによってくるまれている。3つの「光を透かす石」は、一見したところは同一の素材のようなあり方から、夜と昼によって、光のあり方によって表情を変え、石という具体的で不透明であるはずの素材が徐々に抽象的で透明な素材へと転換していく連続的プロセスを我々に見せてくれる。 (隈研吾建築都市設計事務所)

LVMH大阪

建築設計
:隈研吾建築都市設計事務所
照明計画
:隈研吾建築都市設計事務所
撮影
:阿野太一
所在地
:大阪府大阪市

使用商品

  1. 1 エースライン
著作権について
  • ・本ウェブサイトに掲載されている著作物の著作権は弊社に帰属しているか、または弊社が第三者より使用許諾を得て掲載しているもので、第三者に帰属しています。
  • ・弊社または著作権所有者の事前の承諾なしに、本ウェブサイトの掲載内容全てまたは一部を複製、改変、送信、配布、販売、出版、掲示、転載等の行為を禁止します。