MENU

  1. Home
  2. イベント
  3. 展示会
  4. LIGHTING FAIR
  5. ライティング・フェア2001

イベント

ライティング・フェア2001

  • R天井のコーブ(ブルーのランプを使用)

  • ③直接照明(特注ペンダント)④光床(カウンターショーケース)⑤光壁(カウンター幕下)

  • ⑨行灯(棚)

  • シアターで事例紹介をしました

  • ⑦壁面間接照明(ラウンジスペース)

  • ⑥床面間接照明(ソファー下)

  • ⑧棚下照明(製品紹介)

  • ⑪演出照明(縁取り)

  • ⑩透過照明(サイン)

  • MAP

  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
  • ライティング・フェア2001
ライティング・フェア2001

2001.3.6-9

東京ビッグサイト

シームレスラインによる光のエレメントで空間を構成した「n-cafe」をOPENいたしました。
リアリティのあるカフェ空間を通して、コーヒー片手に休憩しながら、実際の製品によるあかり空間を、気軽に体験していただきたいと考えました。

 

2001/4/10 株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ にて

株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ 面出 薫/森 秀人/戸恒 浩人

Designers’ Workshop YAJU 田原 万友美/宇野 昇平/加藤 和博

ニッポ電機株式会社 ライティングフェア プロジェクトチーム

LPA:

ニッポさんからは当初よりライティングフェアの相談を受けましたが、ここ数年でシームレスラインという製品は間接照明・直接照明でかなり認知されていることですし、ただ商品を陳列するのではない見せ方をしようよというのが出発点でした。その前には間接照明読本というノウハウ本もできたし、事例も蓄えてきた。それではシームレスのよさをもっと深く認知してもらうためには、ゆっくりと腰を下ろして空間と光を実際に体験していただくしかないだろう、と考えました。会場で他メーカーが製品を並べているなかで、心地よい光に満たされた空間に誘われて、ふっと入ってみるとシームレスでできているcafeでしたというストーリーは、来た人が自分から興味を持って見てもらえるだけでなく企業イメージも伝えられて良かったと思います。

NIPPO:

終ったあとアンケートを取ったんですが、答えていただいた方の評価は大変良いという事でした。中には製品展示を期待していたぶん残念に思われた方もいらっしゃいましたが、それは会場での社員の説明不足と考えています。それでも、かつてないブースの賑わいや、来ていただいた方の65%が照明設計に関わる方だったという結果を見れば大成功だったと判断しています。1ヶ月過ぎた今でもブースの写真をくださいと言う方もいますし、実際あそこでの間接照明手法と光を見てそのまま採用していただいた実績もあるんですよ。

LPA:

造作・演出をデザインされたYAJUさんのこだわられた所はどこだったんですか?

YAJU:

フェアという一時的なものですが、他のブースと差別化しながらシームレスを感じてもらうために、パネルなど展示の要素を徹底的に無くして究極的なcafeをデザインしようと思いました。そのために、まずはニッポさんとcafeめぐりして試行錯誤したんですよ。あと空間だけでなく印刷物・音楽・CD-ROM・ビデオまで徹底的に作りこみました。

CD-ROMには事例だけでなく製品の取付方のディテールも入ってますし、そのままwebにも持っていけるよう製作の方法も工夫しました。

LPA:

CD-ROMの事例部分では、思いついたらすぐ事例を探せるような、マルチな検索方法を追求したために大変な作業になりましたが、最後にはスマートなデザインにまとめていただいて、使いやすいスグレモノになったと思います。

YAJU:

フェアの施工現場では開催直前までドタバタだったのですが、他社のブースの関係者が一体何作っているんだろうって、何度もこちらの様子をうかがいに来たり、緊張感をもって楽しく仕事を進めることができました。今回徹底的にやってしまったので、次回のフェアで何をやるか今から考えておかないといけないですね。

LPA:

改めて期間中のビデオとかも見られて面出さんはどう感じましたか?

面出:

ビデオとか細かいものが用意されて奥深いということは今分ったんですが(笑)お茶がうまくて2回行ったというのもあるんですが、コミュニケーションともてなしということでは心地よくてピカイチだった。まわりのブースの白っぽい光で囲われたなかで、シームレスラインの間接照明の実例が気持ちよく展示できていていた。企業イメージを空間として見せていこうというイメージ戦略は成功だったと思う。誉め過ぎかな?

LPA:

今後の課題は何でしょう?

面出:

いい製品が提供できるという前提だけど、奥深い光のノウハウ・技術データベースを企業として提供できることが重要だよ。このあいだのcafeでいいから都内に間接照明ショールームをつくったらどうだろう。断面のどこで失敗するかを実際に光を見せて間接照明のノウハウをトレーニングできるような場が欲しい。

例えば寿司屋を作りたいと言った時にニッポ製品を使ったデータがすぐ出てくるとか。設計ノウハウだけ売ってもいい。

NIPPO:

蒲田(当時の東京営業所)でもいいですか?

面出:

いいよ。昼飯付きで半日コースにして勉強していただいて認定証を出すとか。

NIPPO:

面白いアイデアですね。すぐ検討してみます。ありがとうございました。